HOBBY×HOBBY《Hobbys Square》

     管理人 兼 駄文屋店主:あさひ@駄文屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

iDolM@ster SS Vol.1-3 夏祭り - ラムネ

「はーっ。一時はどうなることかと……」
「うぅっ……。皆ごめんねぇ……」
「萩原さんが謝る事じゃないわ」
「千早さんの言うとおりなの。雪歩のお陰でこんな"イイモノ"が手に入って、ミキとっても嬉しいの」
「本当ね」
「あはは……。結局皆で買っちゃったもんね♪」
「うんうん♪ これは絶対ってピンときたの」
「そ、それなら……いいのかなぁ」
「美希の場合は……ちょっと買いすぎのようにも見えるけれど」
「美味しいから問題ナシなの♪」
「――ん~、確かに。甘すぎなくて美味しいっ」
「でもなんだか……。お腹すいてきちゃったねぇ」
「それじゃ、そっちのお店も見てみましょうか」


***  ***


「――今のところこれが最後でね。悪ぃね、嬢ちゃんたち。まいど!」

「いいえっ。ありがとうございました~っ」
「ありがとうなの~♪」
「焼きそばも……なのね」
「これでええっと。たこ焼き屋さん、お人形焼き屋さん、お好み焼き屋さん……4軒目ですぅ」
「丁度私たちの前に、纏めて買ってっちゃう人がいるなんてね~」
「たこ焼きと焼きそばだけでも確保できてよかったわ」
「えへへ。一つずつだけだけど……手に入ってよかったね」
「――これだけ同じタイミングでってことは、やっぱり同じ人が買い込んでるんだよねえ?」
「その可能性は高いわね。えっと、お店の人が言ってたのは、……私たちより背が高くて」
「えぇっとぉ。綺麗な長い髪が印象的で」
「和服がよく似合う美人?」
「「「…………」」」
「と、とりあえずどこか座ってさ、買えた物だけでも食べよ。ね?」
「そ、そうね春香。これなら4人で分けても……あら?」
「あ。み、美希ちゃ~ん?」
「はぁひ? ……あ、雪歩~♪」
「美希、そっちにいたんだね。それは?」
「え? ああ、イチゴ飴ってあったから、ナニカナー? って買ってみたの♪」
「そう……」
「ほひひいよー?」
「美希ちゃん。お口にくわえながらおしゃべりなんて、しちゃだめだよ」
「雪歩、ごめんなの。……暑くなってきちゃったの」
 ぱたぱた
「人が沢山いるからかなあ? って、うわわわわわっ」
「美希ちゃん待ってぇっ! 襟元広げちゃだめだよっ!」
「ぶーっ。暑いものは熱いの……」
「美希、ちょっとストッープっ!」


***  ***


「はぁ……。浴衣の襟いじったら、着崩れてしまうに決まってるでしょう?」
「ほんとだよ~。気をつけてね、美希」
「ごめんなさいなの」
「ま、まあまあ。これで少しは涼しくなった……かな?」
「あぁ~、風が気持ちいいの♪ ありがとう、雪歩」
「美希じゃないけど、確かに暑いよねえ。……、食べる前に飲み物買ってこよっか」
「そうね。美希は、もう少しここで待ってて……何が飲みたい?」
「はいなの♪ 千早さんにお任せするの」
「仕方ないわね……」
「私はもうちょっと美希ちゃんに付いてるね。あ、お茶でお願いしまぁす」
「了解♪」

 ――――。

「雪歩~♪ はいっ、日本茶だよっ」
「ありがとう、春香ちゃん」
「はい、美希。お茶にしたけれど、これでよかったかしら」
「大丈夫なの♪」
「――はれ?」
「ん。どうしたのかな? 春香ちゃん」
「や。皆お茶なんだなぁ~、と思って」
「ええ。食事に合わせて飲むと思ったから、一応」
「あ、それもそうだよね」
「春香はお茶じゃないの?」
「……そういえば、何だか嬉しそうにしてたけれど」
「わ、私は……水槽の隅で見つけて、これを」
「わあっ。もしかして、ラムネ?」
「そうそう♪ それもガラス瓶のっ。夏祭りって言ったらやっぱりラムネかなーって♪」
「わかる気がする。うぅん、私も行けばよかったかなあ」
「ふふっ。確かにお祭り以外だとどこで売ってるのかわからない飲み物、ではあるわね」
「"ラムネ"……? ミキも飲んでみていい?」
「うん、いいよ? ただの炭酸なんだけどね。待ってね、今開け」
「あは♪ いただきまーす」
「あっ、それはまだ」
「――……でてこないの」
「あ、あはは……。ラムネ玉外さないと飲めないんだよ、美希ちゃん」
「ラムネ玉?」
「ビー玉が蓋になってるのよ」
「何でビー玉が蓋になってるの?」
「うっ。そ、それはちょっと……分からない、かなっ」
「あ、あ。ほら、ラムネ開けよう? 春香ちゃん」
「そ、そうだね。冷たいうちに飲みたいし」
「……春香、間違えて浴衣濡らさない様にね?」
「あ、千早ちゃん酷っ?!」
「春香ちゃんなら大丈夫だよっ。ほ、ほら今日はもう一回転んでるしっ」
「も~っ、雪歩までっ」
「いいから。早く開けるの♪」
「……はい。じゃ、開けるねー。せーのっ」


 ポンッ


***  ***


貴方が読みたい番号にすすみましょう。

もう少しここにいよう→(LAST)

今戻ったらだれかいるかな?→3

遊戯に向かった子たちはどうしてるかな→4

===  ===

地味に超難産だった4本目。ようやく上がりましたorz
難産なら難産なりに早く済ませればいいものを、やっぱり2000字近くになったみたいですね……。

さて本編では、美希が「怠惰」「現代っ子」それぞれの一面を持ってる、ってことでこんな展開になりましたがいかがでしたでしょうか(恐々
楽しんでいただけましたら幸いです。


で、「次に書くシーン番号」ですけれど。
一応ここまで書いたことで「予定した分岐分」は全部出し終えたつもりです。あとは基本的に「埋めるだけ」になります
(LAST)に進んでしまうと他の分岐が埋まらないのでもう少しお待ちください(苦笑)


そして、中の人は今から6番書いてきます。
が、先にも行ったとおりこの後はもう選択肢増える可能性はほぼゼロなので、このまま番号挙げていただければ6番投下後、そのまま続けて書きます。

ということで、引き続き番号指定お願いしますねっ^^
#完走するか、空き時間でリンク仕込みます。暫くお待ちください

※注意点※
1.「書く順」を決めてもらうための形式なので、1人あたりの登場回数1回以上は用意しましたが、シチュリクまでは無理と思ってください。
2.選択肢は最終的には全部埋めます。
3.キャラクターイメージは大事にする作者ですが、地の文を入れるとご提供が極端に遅くなる為、「書きたくなった分」しか入れるつもりありません。地の文は期待しないように。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。